ポケットマルシェが
目指す持続可能な社会

SUSTAINABILITY

サステナビリティ

分断が持続可能性を脅かす

私たち人類は今、存亡の危機を迎えている。産業革命以降の資本主義社会が地球環境に与えた負荷は多大で、気候変動や生物多様性の損失といった環境要素の変化がすでに地球の限界に達している*1。地球温暖化は、現在の速度で進行すると、早ければ2030年には世界の平均気温が工業化以前より1.5度上昇する可能性が高く、人類や生態系にとって深刻で不可逆的な影響が生じるという*2

また、人間社会では、経済効率と合理性が際限なく追い求められる中で、人間の個性や人格は捨象され、代替可能な労働力としての競争が加速した。競争に食らいつく間に心身はすり減り、競争から振り落とされれば貧困に陥ってしまう。自然や生身の人間とのつながりは希薄で、生きる実感も失われている。

行き詰まった地球環境も人間社会も、その根底にあるのは「分断」である。効率化・大規模化のために、本来不可分であったはずの消費者と生産者、都市と地方、人間と自然を切り分けてしまった。分断された社会では、自分の生活が何によって支えられ、何に影響を与えているのかを知ることは難しい。ゆえに、自分の生活と密接に関わっているはずの存在を自分ごと化できず、蔑ろにしたり、無意識のうちに損なってしまう。その結果、自分が生きる社会の持続可能性を、自ら脅かす事態になってしまった。

知って、自分ごと化することで、
分断を乗り越える

では、どうすればこの社会は、持続可能になるのだろうか。

分断を乗り越える。それが、私たちポケットマルシェの出した答えである。「食」を通じて、消費者と生産者、都市と地方、人間と自然を「個」としてつなぎ、分断された関係性を結び直す。

個と個がつながることで、自分を生かしてくれている存在、自分が生かしている存在に気づく。そのような存在について深く知り、自分ごと化して考えられれば、蔑ろにしたり、無意識のうちに損なったりすることなく、共に助け合える。「共助」の関係性は多様な個を生かし、多様であるからこそ社会は持続可能たり得る。

世なおしは、食なおし

消費者と生産者が顔の見える「個」として知り合えば、消費者の買い物や食卓のあり方が変わり、生産者の仕事のあり方も変わる。都市と地方の関係が変わり、非常時のレジリエンスも高まる。私たちは、生きるための根源である「食」から、持続可能な社会をつくっていく。


生産と消費のつながりに気づき、
生産に参加する生活者になる

多くの消費者は、自分が普段食べるものを誰がどうつくっているのかを知らない。知ろうとしても、生産に関する情報の多くは流通の段階で消えてしまうので、わからない。そのため、選ぶ基準は価格ばかりで、安ければ安いほどよいとなる。その価格によって、生産者が生産活動を継続することが困難になったり、自然環境に大きな負荷を与えていたりしても、である。生産の弱体化は、やがて生産物の品質低下や担い手不足といった問題につながる。そして、巡り巡っては生産の恩恵に与る消費者自身が困難に直面することになる。

生産者とつながり、食べものの裏側を知ることで、消費者は自分が生産現場の問題に加担していたことに気づく。自分の選択が生産者の生活や生産現場の自然環境に影響を及ぼすことを自覚すれば、恩恵に与るだけの消費者ではなく、リスクや責任を共に引き受けて生産に参加する生活者になる。

お店に食べものが並んでいることを当たり前のように思っていたので、どのようにつくられて、どうしてその値段がついているのかといったことは、生産者さんと出会うまで考えたこともありませんでした。無知でいることは罪だなと感じて、知ってからは、「応援したい」「ちゃんとお金を払いたい」という気持ちが強くなりました。

食べることは
生きることだと
実感する

生産と消費の分断は、「食べものは自然からいただいた命であり、食べることは自分の命を育む大切な行為である」ということを忘れさせてしまった。消費者は、忙しい毎日の中で安価な食べもの・簡便な食べものを好むようになり、食事は車のガソリン給油のように工業的な、ただの栄養補給の手段になっている。そこには喜びや感動もなく、また、自然や生産者への感謝もない。「いただきます」という言葉はもはや形骸化してしまっている。食べものが手に入ることを当たり前だと思い、平気で捨ててしまうようになった*3

生産者とつながれば、「食べることは生きることである」ということをもう一度思い出すことができる。消費者は、自然や生産者に感謝して食べものを大事にし、幸せに食卓を囲めるようになる。

以前は、食べるのはどちらかと言えば面倒で、仕事をしながら片手間で簡単に済ませることが多かったです。でも、生産者さんの存在とその苦労や熱意を知って、食べものが個性を帯びたものになり、食べることを大事にするようになりました。生産者さんや生産の背景について話しながら、家族で囲む食卓を楽しんでいます。
生産者さんがどんな想いでどんな風につくっているかを知ってから、食材への向き合い方が全く変わりました。皮も根っこもすべて、余す所なくおいしくいただいています。
購入した食べものに添えられていた「食べることは生きること」という言葉が、心に刺さって身に染みています。生産者さんはみんなの命を支えているんだなととても感謝しています。食べものの背景を知って食べることで、より一層パワーをもらっています。
旬を強く意識するようになりました。単なる食材であれば産地を変えて数ヶ月楽しめますが、特定の生産者さんの食材となると本当に一瞬です。短い旬を大切に思うようになり、来年も楽しみに待って買おうという気持ちが強くなりました。これは顔が見える以上の楽しみです。食べたことのない食材との出会いも増え、わくわくしています。

生産者が報われる
一次産業に

食べものをつくる人が食べていけない。生産と消費の分断は、そんな悪い冗談がまかり通る社会をつくってしまった。一次産業は「きつい、きたない、かっこ悪い、稼げない、結婚できない」の5K産業などと言われてきたという。どんなに手間をかけてよいものをつくっても同じように扱われ、価格競争に陥ってしまう。そのような状況下で、仕事に対するやりがいや誇りを失い、自分の子どもには継がせられないと考える生産者が出てきている。一次産業の現場では、担い手不足と高齢化が進んでいる*4

消費者とつながることで、生産者は報われる。食べものの裏側にある、生産者の生き様、哲学、世界観を消費者に伝えれば、共感や尊敬が生まれ、食べものの多様な価値が認められるようになる。生産者はやりがいや誇りを取り戻し、一次産業は自分の子どもにも胸を張って継がせられる仕事になる。

夫の両親が農家で、最初はお嫁に来たから仕方なく農業をしていました。でも、ポケマルに出会い、ユーザーさんとのコミュニケーションを通じて、「自分の手で育てたものが人を笑顔にする」ことに気づき、喜びを感じるようになりました。野菜は生きていて、私たちは命を育てています。農業は、食べる人の命を支え、笑顔にします。こんなにすばらしい仕事はないと思っています。
子どもには苦労させたくなかったので、農家には絶対になるなと言って育ててきました。でも、ポケマルと出会って自分で販売することができる道があることを知り、農業に希望が持てるようになりました。20歳になった息子は就農しました。前だったら絶対に反対をしていたと思います。息子と一緒に農業なんて考えもしませんでした。息子と農業をはじめ、家族は喜び、息子本人も楽しく仕事をし、何より私自身も楽しく仕事ができています。
大規模に効率的にという社会の影で、忘れ去られそうな作物や、衰える自給力に必要性を感じて、農業を始めました。環境への負荷を避け、土壌を含めて多様な生命と共生できるような、農と食でありたいと思っています。食べてくれる人に直接販売することは、価格のみに左右されにくく、自分の意思や作物の魅力を伝えやすいと感じています。

都市と地方をかきまぜ、
関係人口を生む

地方は、過疎・高齢化が進行し、消滅の危機に瀕している。「地方創生」は、このような疲弊する地方をいかに立て直すかということに焦点がある。しかし、都市もまた、自然や他者との関わりが少なく生きる実感が失われ、行き詰まっている。

地方と都市の問題はコインの裏表であり、どちらか一方だけを解決することはできない。ゆえに、都市と地方をかきまぜる。生産者を介して地方に継続的に関わる関係人口*5が生まれれば、地方は都市住民のスキルやノウハウを取り込んで、課題解決力と活力を手に入れる。都市住民は地方の自然やコミュニティと関わり、生きる実感を取り戻す。

買ってくれたお客さん一人ひとりと誠実に向き合うことを大切にしてきました。そしたら、いつのまにか、お客さんが商品の写真にダメ出しをくれたり、商品名を提案してくれたり、東京のスーパーで売られている値段を調べてきて「もっと高くていい」と言ってくれたりしました。どうやって売ればいいのか、全部お客さんが教えてくれています。
生産者さんのところへ息子と遊びに行きました。息子はサッカーが好きなのですが、生産者さんがサッカーコーチをやっていらしたようで、意気投合していました。「お父さんみたいに優しくしてもらっちゃったー」とすごく喜んでいて、お会いできて本当に嬉しかったです。

平時からの関係性が、
非常時のレジリエンスを高める

近年、日本各地で地震や豪雨などの大規模な自然災害が頻発している*6。また、地球温暖化によると考えられる、農産物の生育障害や品質低下といった食料生産への影響は顕在化しつつある*7

生産者と消費者は、食べものとお金を交換するためにお互いの存在が必要である。自然環境の不安定さが増大していくこれからの時代、日常から関係性を育むことで、どちらかが非常事態に直面した際にも、共に助け合って乗り越えていける。

2019年の台風19号で千曲川堤防が決壊しました。りんご畑は浸水し、もう間もなく収穫予定だったりんごは全て廃棄となってしまいました。悔しさでいっぱいでしたが、再出発しようと、翌年収穫予定のりんごの予約販売をポケマルで行いました。多くの方からいただいた予約注文と応援の声を励みに頑張り、翌年には立派なりんごをお届けすることができました。
新型コロナウイルス感染拡大の影響で初めて外出自粛が呼びかけられた際、東京のスーパーでは食料や日用品の買い占めが起こりました。そのニュースを目にした全国の生産者さんから、「ペーパー類を送るよ!」「マスクは?!」といったご連絡をたくさんいただきました。突然、鯛やキノコが送られてきたりもしました。本当に心強くてほっとしました。
*1:環境省(2018)『平成30年度版 環境・循環型社会・生物多様性白書』https://www.env.go.jp/policy/hakusyo/h30/html/hj18010101.html
*2:環境省(2019)『令和元年度版 環境・循環型社会・生物多様性白書』https://www.env.go.jp/policy/hakusyo/r01/html/hj19020101.html
*3:日本の食品ロスは年間約600万トンにものぼる。
農林水産省(2020)『食品ロスとは』https://www.maff.go.jp/j/shokusan/recycle/syoku_loss/161227_4.html
*4:基幹的農業従事者数は1960年に1200万人であったが、2020年には136万人へと減少している。また、平均年齢は67.8歳である。
農林水産省(2020)『農業労働力に関する統計』https://www.maff.go.jp/j/tokei/sihyo/data/08.html
漁業就業者数は1978年に47.8万人であったが、2020年には14.5万人へと減少している。
農林水産省(2020)『漁業労働力に関する統計』https://www.maff.go.jp/j/tokei/sihyo/data/18.html#1
*5:移住した「定住人口」や観光に来た「交流人口」ではなく、地域と多様に関わる人々が「関係人口」である。
総務省(2018)『関係人口とは』https://www.soumu.go.jp/kankeijinkou/about/index.html
*6:農林水産省(2021)『令和2年度 食料・農業・農村白書』https://www.maff.go.jp/j/wpaper/w_maff/r2/pdf/1-4-02.pdf
*7:農林水産省(2020)『令和元年度 食料・農業・農村白書』https://www.maff.go.jp/j/wpaper/w_maff/r1/pdf/1-2-7.pdf