RECRUIT

あなたが昨日食べた食材のうち、作り手の顔が思い浮かぶものは、いくつありますか?

これまで、食材の流通は、仲介業者を通して効率的に行われてきました。その結果、食材を安価に購入できるようになり、私たちの食生活は安定しました。

しかし一方で、生産者と消費者は分断され、日々の食事は工業的なものに変わりつつあります。食べ物の裏側にある情報が消費者に伝わらない社会で、地方の生産現場は衰退し、生産者は減少の一途を辿っています。

私たちは、このような状況を打開したいと考えています。

生産者と消費者を直接繋ぎ、食を楽しくするプラットフォームを一緒に作りませんか?