ABOUT US

MISSION
Connecting the Pieces
Connecting the Pieces
個と個をつなぐ

消費者と生産者、都市と地方、人間と自然は、
便利さ・快適さを求める現代社会の中で分断されてきた。

 

 

その結果、自分の生活が何に支えられ、何に影響を与えているのかがわからなくなった。
知らないことがますます分断を深め、格差や環境問題などの社会問題は絶えない。

 

 

分断されてしまった「個と個をつなぐ」こと。
これが、ポケットマルシェのミッションである。
顔の見える「個」として知り合い、関係性を深めることで、分断を乗り越える。

VISION
Society of Mutual Assistance
Society of Mutual Assistance
共助の社会を実現する

 

 

 

個と個がつながれば、
自分を生かしてくれているもの、自分が生かしているものの存在を認識することができる。
生かし生かされていることを知れば、自分ごとになり、共に助け合える。

 

 

そんな「共助」の社会を私たちは実現する。

COMPANY

会社概要

会社名 株式会社ポケットマルシェ
設立 2015年2月10日
所在地 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-26-5 金子ビル3F(2020年7月1日より)

(本店所在地 岩手県花巻市藤沢町446-2)

資本金 4億1336万円
取締役 代表取締役 高橋 博之

取締役 大塚 泰造

取締役 事業開発部門長 岡本 敏男

取締役 経営企画部門長 谷 浩貴

取締役 C2C事業部門長 権藤 裕樹

取締役 永田 暁彦

取締役 清水 俊樹

取締役 小橋 正次郎

事業内容 生産者と消費者を直接繋ぐCtoCプラットフォーム「ポケットマルシェ」の企画・開発・運営

食べもの付き情報誌「食べる通信(R)」の普及・多地域展開の促進、「東北食べる通信」の企画・運営

生産者の販路拡大・地産品の認知向上・関係人口創出を目的とした自治体支援施策の企画・実施

産直食材を活用したキャンペーンや福利厚生プラン等の企業向けプログラムの企画・実施

沿革

2013.05.29 NPO法人東北開墾設立(2013.10.16法人格取得)
2013.07.16 「東北食べる通信」創刊
2014.04.15 一般社団法人日本食べる通信リーグ設立。「食べる通信」モデルの全国展開スタート
2014.11.04 「東北食べる通信」がグッドデザイン金賞受賞
2015.02.10 株式会社KAKAXI設立(2016.03.31に株式会社ポケットマルシェに商号変更)
2016.09.05 「ポケットマルシェ」サービスリリース
2017.09.29 ユーグレナ・メルカリ等を引受先とする第三者割当増資を実施、資本・業務提携
2019.08.27 電通・小橋工業等を引受先とする第三者割当増資を実施
2020.08.24 丸井グループ・オレンジページ等を引受先とする第三者割当増資を実施

所在地

〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-26-5 金子ビル3F

MESSAGE

代表取締役 高橋博之

ポケットマルシェは東日本大震災をきっかけに生まれました。
当時、岩手県議会議員だった私は、それまで交わることのなかった消費者と生産者が被災地で初めて出会い、お互いを知るにつれ関係性が深まっていく様子を目にしました。

東北の農漁村は、震災前から過疎・高齢化で疲弊していました。食べものをつくっている生産者自身が食べていけない、後継者がいない、自然環境が悪化している…
ボランティアとして被災地に訪れた都市の消費者は、そのような地方の実態に心を痛めたり、食べものの裏側にいた生産者の哲学や生き様に共感したことで、継続的な復興支援に参加していきました。

一方で、東北の自然に触れ、目の前の困っている人を助け感謝されることで、都市生活では得にくかった生きる実感ややりがいを得て、支援に来たはずの彼らが逆に被災者から救われる場面もありました。
疲弊していたのは地方だけでなく、自然と切り離されて身体感覚を失い、生身の人間とのつながりも希薄になっていた都市もまた、同じだったのです。

このとき、消費者と生産者がもう一度関係性を取り戻すことで、双方の抱える課題を同時に解決できるはずだと、確信しました。

現代社会では消費者と生産者、都市と地方、人間と自然は分断されてしまっています。この両者を食べものを手段としたコミュニケーションでつなぎ、共に助け合う関係性を生み出していく。それが、私たちポケットマルシェの掲げる旗です。

略歴

1974年、岩手県花巻市生まれ。青山学院大卒。

岩手県議会議員を2期務め、2011年9月巨大防潮堤建設へ異を唱えて岩手県知事選に出馬するも次点で落選し、政界引退。

2013年、NPO法人東北開墾を立ち上げ、世界初の食べ物付き情報誌『東北食べる通信』を創刊し、編集長に就任。翌年、グッドデザイン大賞候補に選出され、決選投票の結果2位に(グッドデザイン金賞受賞)。

2014年、一般社団法人「日本食べる通信リーグ」を創設し、同モデルを日本全国、台湾の50地域へ展開。第1回日本サービス大賞地方創生大臣賞受賞。

2016年、生産者と消費者を直接つなぐスマホアプリ「ポケットマルシェ」を開始。翌年、日本最高峰ピッチコンテスト「新経済サミット」で優勝。

2018年、47都道府県を車座行脚する「平成の百姓一揆」を敢行。「関係人口」提唱者として、都市と地方がともに生きる社会を目指す。

2019年2月14日(木)「カンブリア宮殿」(テレビ東京系列)に出演。

著書に、『だから、ぼくは農家をスターにする』(CCCメディアハウス)、『都市と地方をかきまぜる』(光文社新書)が、共著に『人口減少社会の未来学』 (内田樹編、文藝春秋)、『共感資本社会を生きる』(ダイヤモンド社)がある。

講演のご依頼はこちら